あなたはどっち? 心が強い・折れやすい

心が強い人を羨ましく思うことありませんか?

 

逆境に強く、失敗しても、挫折しても、ポジテブに生きる人はカッコ良いですね。

 

実は、心が強い人でも、決して心が折れない訳ではありません。

 

そこには、弱い人との違いがあるのです。

 

心が折れても、なぜ平気でいられるの?

 

 

心の強い人は、心が折れても決して平気でいるわけではありません。

 

でもそう見えるのは、弱い人と「ココ」が違うのです。

 

それは、「自分中心な生き方をしている」ということです。

 

「自己中がいいのか?」という声が聞こえてきそうですが、そうではありません。

 

自分中心に生きるという事は、自分の考えを大切に生きている方です。

 

人は人、自分は自分といった独立した考え方が出来ています。

 

反対に、心が弱い人は、「他人中心に生きている人」です。

 

他人の意見に左右され、他人に惑わされる、自分の核がない人です。

 

人の目が気になる、人に嫌われないように本心を誤魔化す人ですね。

 

自分という存在をしっかりと持っている人は、心が折れても立ち直りが早いのです。

 

何故、心の立ち直りが早いのか?

 

 

心の強い人がなぜ立ち直りが早いのか?

 

それは、他人に認められなかったとしても、それを客観的に見ることができるからです。

 

「人は人」「自分は自分」とは、そういう事なのです。

 

例えば、あなたが他人からこんなことを言われたとします。

 

「あなたは、周りの空気が読めなくて、無神経な人ですね」

 

きっと誰でも傷つく言葉ではないかと思います。

 

心が強い人だって、こんな言葉を言われたら傷つきます。

 

この時、頭の中によぎる意識は

 

心が弱い人:「私は周りに、嫌われているのかな?どうしよう、態度を控えよう」

 

そう考えると、怖くて言葉や笑顔がなくなり、相手の態度や表情を伺う気弱な人格ができます。

 

それと反して、心が強い人はどのような意識があるのでしょうか?

 

「相手に嫌な思いをさせたけど、こんな私を受け入れられない人もいるから、その場合は、距離を置いて付き合うか・・」と建設的な考え方ができます。

 

今の自分の個性を、決して否定しない自分がいます。

 

もっとわかりやすく言えば、

 

心が強い人は、欠点を指摘されても直す意思がないのではなく、相手との付き合い方を変えることで自分をの個性を守っています。それに、自分が間違っていると判断した時は、修正する素直さもあります。

 

しかし、弱い人は、他人から見られる自分を守るために個性を押し殺しています。自分が間違っているのかどうかより、相手の意見に振り回されます。

 

心が強い人になる為には?

 

 

自分が弱いと思うなら、強くなりたいですよね。

 

ではどうすれば、強くなれるのでしょうか?

 

答えは、「自分の事を自分で嫌わない事」「自分の個性は、他のない素晴らしいものだと自信を持つこと」です。

 

あなたの個性、魂は、この世に一つしかありません。

 

同じ個性を持っている人はいません。似たところがあっても全く同じにはなりません。

 

その素晴らしい個性を、活かすためには、自分の個性を守る生き方をした方が良いという事です。

 

その個性から、幸せをもらう人がいるという事を忘れないでください。

 

決して、無意味な個性や性格などないのです。

 

そのあなたの個性のおかげで、勉強させられたり、喜びをもらったりする人がいるのです。

 

誰でも、長所欠点はあります。

 

それを上手に、使いこなしながら、自分を高めていく人生を歩んでいるです。

 

自分の個性を好きになる事、自分の考え方がぶれない事は同じでもあります。

 

自分の考え方は間違っていないと信じることは、大切なことなのです。

 

しかし、時に間違っていると思う事は誰でもあります。

 

そう思ったら、軌道修正すれば良いのです。

 

考え方や意見は、様々です。

 

反対する人も賛成する人も、同じ意見の人、違った意見の人がいます。

 

どちらが正しいのかわからないこともあります。

 

賛否両論な意見がある中で、自分の意見を大切にできるようになれれば、心が強化されていきます。