彼が惚れ直す? 花火大会でアッと言わせるテク

 

毎年夏になると、夜空に大輪の花火が美しいですね。

 

色鮮やかな花火を、うっとり眺める楽しそうなカップルがうらやましく思うことありませんか?二人でなんとなく花火を見るのではなく、このチャンスにあなたの魅力を再認識させましょう。

 

・花火大会で、二人の絆を深めるために

 

・花火大会に行き、彼氏にNGされない行動の約束事

 

・彼に、あなたを「愛している」と再確認させる方法

 

以上を記事にしてみました。

花火大会は、二人の絆を深めるチャンス!?

 

 

皆さんは、彼氏と花火大会に行くときにどのような服装でい出かけますか?

 

夏だから浴衣を着て・・・という方も多いのではないでしょうか?

 

この浴衣は、日本独自のもので、和の女性を魅力的にしてくれる力があります。

 

しかし、最近の浴衣は、デザイン性に溢れ、昔ながらの純和風なイメージも少なからずありますよね。

 

日本男子のDNAを燃えさせるには、やはり純和風なイメージでおしゃれをしてみましょう。

 

浴衣だけではなく、ヘアースタイルも純和風が良いです。和のヘアアクセサリで大人のムードと、怪しげなムードボリュームアップさせてみてはいかがでしょうか?

 

日頃、洋装が多い日本の女子ですから、かなりなイメージチェンジで、彼を驚かせてみるのも良い方法です。

 

花火大会で、彼をア然とさせてしまうNGはこれ!

 

 

浴衣と言えば、「下駄」ですね。

 

この履きなれない下駄のせいで、彼がうんざりしてしまうことがあります。

 

「足が痛くて歩けない」「歩き疲れたの連発」をされると、彼氏も花火を楽しめなくなってしまいます。

 

新しい下駄なら、なおさら足の指の間が擦れて痛くなり、足の甲も痛めてしまいます。

 

まずは、下駄を安定させましょう。

 

鼻緒の部分を上に引っ張ります。足の親指と人差し指の間に鼻緒の紐が来るように履くので、その部分を緩めます。足に引っ掛ける位の緩め方をします。

 

左右に分かれている鼻緒の紐を、上に引っ張り、外側に開いて、足の甲が紐で締め付けられないようにします。

 

そして、正しい下駄のはき方として

 

「鼻緒の部分に足の指を置くまで入れて履かないこと」です。

 

それでは下駄が脱げてしまい、転倒する危険もあるのでは?

 

正しい履き方は、「足の指で鼻緒を軽く挟んで履く」のです。

 

そうすれば指の付け根付近紐に触れず、擦れて痛くなることがありません。

 

次に「携帯で花火の写真ばかりを取っている女性」

 

SNSに掲載するためなのか?写真ばかりに気を取られ、一緒にいることを忘れられている気がすると言う男性意見。写真は程々にしておきましょう。

 

最後に「暑い」「人ごみ嫌い」などの不明不満を言わない事です。

 

花火大会は夏本番です。暑いのは当たり前。

 

人ごみも多くて当然です。

 

観賞する場所が良くない場所でも文句を言わない。

 

帰りに電車に乗る道を歩くにも混雑に不快感を示さない。

 

車で来たのは良いが、駐車場まで遠い、車も渋滞。そんな不平不満の多い女性にあきれている男性の心を考えたことありますか?

 

「分かり切った場所へ一緒に行こうと誘うな!」と怒ってしまったら大変です。

 

 

 

彼に、あなたを「愛している」と再確認させる方法

 

 

和の雰囲気の浴衣で、履きなれない下駄もうまく履きこなし、「暑いだの」「歩けないだの」文句も言わす、一緒に花火大会を楽しむ雰囲気ができたら、あとは彼に、「いい女」と再確認させれば、きっと彼はあなたの虜になるでしょう。

 

そのためにはどうすれば良いのか?

 

彼のリードに合わせることを今日は第一にしましょう。

 

もし歩き疲れて休みたくても、彼が気づいてくれない時は

 

「歩き疲れた」と言わずに、「少し休みませんか?」と優しい言葉を使う事です。

 

さらに、花火大会に来て本当に嬉しかったことをその場で伝えるべきです。

 

浴衣姿に合う「しぐさ」「言葉使い」「気遣い」は、男性を虜にする必須アイテムになります。

 

普段の自分と違うあなたを演出してみましょう。