瞑想を取り入れて成功をつかむ方法!?

瞑想は、1日に5分でも効果があると言われています。

「なりたい自分になる」「欲しいものを手に入れる」事は、瞑想をすることで可能にします。

なりたい自分になる為の瞑想方法

 

最初は、何も効果が無くても良いので、リラックスして瞑想することから始めます。

心を無にする瞑想に慣れてきたら、目的を持った瞑想をしていきましょう。

瞑想する前に、「私は、○○になる!そのために必要なことを教えてください」

等の宣言、俗に言うアファメーションをします。

この時、答えを聞き出そうと、耳を澄ますと失敗します。

必要なことは、耳で聞こえる言葉ではありません。

瞑想上級者が言われることは、耳で聞いているのではなく、ひらめきという形でキャッチしているのです。

「頭の中に浮かぶ言葉」「頭に浮かぶイメージ」「瞑想後の生活の中で突然答えに誘導される」といった形です。

目を凝らし、耳を澄ますと五感を鎮めることができず、瞑想しても何も効果がないという結果になります。

瞑想すると、すべてはシンクロして行く

世界のエリートたちや、スポーツ界のアスリートが瞑想をして成功していく理由は、全てひらめきによるものと言っても過言ではありません。

アスリートのイメージトレーニングは、瞑想しながら、相手の弱点や、自分の欠点が見つかり克服していきます。

これは「突然ひらめき気がつく」のです。

ビジネスマンの成功も同じことが言えます。

瞑想中でなくても、ひらめきにより、未来が開かれていく答えが返ってきます。

自分が必要としている答えを、岐路に立たされている時の進む方向をひらめきより、導かれていきます。

「道を歩いていて、何かを見て気がつく」「喫茶店でコーヒーを飲みながら雑誌の記事で教えられる」など不思議とシンクロします。

生活の中での、ひらめきや偶然を瞑想と関連付けして大切にすると、ひらめき力が養われていきます。

瞑想で効果がないという方の失敗の理由

 

 

瞑想中のアファメーションが明確でない人がいます。

「お金持ちになりたい」「ビジネスで成功したい」「宝くじが当たりたい」などの漠然とした願い事は、必ずと言ってよいほど、却下されます。

誰が却下するのか?疑問に思う事でしょう。

ひらめきによる答えの誘導は、霊性を司る意識が答えに導くからと言われています。

スピリチュアルな世界では、「ガイド」と呼ばれる目に見えない存在の事です。

彼らは、あなたを導くために支援している存在で、何も努力しない人を成功には導いてくれません。

例えば試合で勝ちたいのではなく「試合に勝つために自分の精神を鍛えたい」という願い方や、「このビジネスを展開して社会貢献したいから方法を教えてほしい」など明確にすることが必要です。

そして、そのために努力しているあなたを支援サポートして導いてくれるのです。

瞑想で成功するまとめ

 

いかがですか?

もし、瞑想で成功しないと思われる方がいたら、

・自分の目的は明確な物か?

・そのために努力している姿勢があるのか?

・目を凝らし、耳を澄ませていないか?

このあたりから改善してみましょう。

継続をしていると、ビジョンが見えたり、頭にメッセージが浮かぶように上級者になっていきますよ。