「チャクラ」はどんな形をしているか知りたい!

チャクラは、エネルギーの通る道と言われています。

人には、チャクラが7個あり、それぞれにセクターとして役割があります。

ところで、チャクラ、どんな形をしているか、動きがあるのかご存知ですか?

チャクラの開け方と、どんな形なのかご紹介していきます。

チャクラは人それぞれの形があるが、基本は円錐形です

 

そして、良くあるチャクラ画像からではわかりにくいですが、

背中側と、お腹側に砂時計のように両方あります。

下記の図を参考にしてみてください。

 

チャクラは、動きがあるの?

チャクラは、エネルギーを吸い込みながら、時計回りに回転していると言われています。

その回転速度も、人それぞれです。

瞑想上級者たちは、その回転速度が自分にとって早すぎたり、遅すぎたりすると、

調整を行うと言われています。

その方法は、自分で回転速度を心地よいと感じる速度にイメージするそうです。

意識を集中させると、回転速度に変化が起きてくるというのです。

どんなエネルギーを吸い込んでいるのか?

それは、ヨガの世界でも言われているように、プラーナと呼ばれる粒子のようなものです。

空気中には、目に見えないエネルギーに満ち溢れていて、それを取り込み、全身のエネルギーを活性化させています。

毎日瞑想でチャクラを活性化させると、いろいろなものが見えるようになる

チャクラを活性化させていると、自分にあった状態で開花し、目には見えないものを見たり、感じたりすることができるようになると言われています。

決して、恐ろしいものが見えるという事ではなく、温かい優しい愛のエネルギーです。

そうすることで、直観力が研ぎ澄まされ、霊能力が開花してくるということなのです。

7つのチャクラは、霊能力が開花しないと閉じたままなのか?

チャクラは、通常誰でも開いていて、クルクルと回っています。その「開いている」と、「開花する事」とは少し違うようで、開花するという事は、霊性に目覚めるということです。
 

スポンサーリンク

 

チャクラは、感情によって左右されやすく閉じたり開いたりしている

チャクラは、肉体の神経に司るように、それぞれの脊椎付近に繋がっています。

ストレスや、怒り、喜びなどの感情に動かされ、開閉することがあるのです。

閉じたままになると、肉体に変化が起き、病気にもなりやすいと言われます。

逆に開き過ぎてしまうと、それもまた、自分をコントロールできなくなると言います。

程よく、開いていて、クルクルと回るようにして置くことが一番大切です。

といっても、見えないですよね。

その時は、自分でイメージして、調節をすると良いそうです。
 

スポンサーリンク

 
 
「こんな感じが良い」と自分で決めて信じる事が、パワースポットの効果を高めます。