楽しいこといっぱい!金シャチ横丁が、2018年3月29日オープン予定

名古屋城周辺に「金シャチ横丁」がオープンします。
名古屋の歴史と、名古屋めし、など多数の観光スポットとなります。

名古屋中心地が生まれ変わろうとしている!

 

2027年のリニア中央新幹線開通することにより、名古屋市の活性化として、あちこちで再開発が始まっている名古屋の中心地です。
名駅開発が進み、栄も再開発が加速中ですね。
そして新たな観光スポットとして名古屋城周辺は、どんな風になるのでしょうか?

金シャチ横丁とは?

 

名古屋城周辺に金シャチ横丁はオープン

名古屋城正門と東門に、施設が繰り広げられます。
それぞれは、違った趣が味わえる場所になっています。
その名も、

正門側:義直ゾーン
東門側:宗春ゾーン
 

スポンサーリンク

 

義直ゾーンとは、どんな感じになるのかな?

 

義直ゾーンとは、なんと尾張藩主「徳川義直」から名前が付けられています。
当時の江戸時代の街の雰囲気を味わっていただこうというコンセプトの様です。
横丁の作りも、木曾ヒノキを使っているとのことで、東海道らしいですね。
名古屋めしのご紹介を中心に横丁が連なるそうです。

「名古屋名物ひつまぶし」「味噌田楽」「名古屋コーチン」「えびせんべい」「スギモトの牛肉」「「味噌煮込みうどん」「十代目儀助の地酒」などが盛り込まれています。

宗春ゾーンとは、どんな感じになるのかな?

 

徳川の藩主、徳川宗春から名前が付けられています。7代目に当たる藩主です。

建物がモダンな感じとなるようです。
歴史をたどる道として作られるようです。
こちらにも、グルメなお店が出展されています。
「名古屋名物あんかけスパ」「串カツ」など、まだまだたくさん予定される模様です。

これだけではない!まだ広がりを見せる予定の名古屋城周辺

 

名古屋城の金シャチ

金シャチ横丁は、3月にオープンしますが、これからも開発をしていく予定であることも発表されました。
名古屋城は、天守閣が木造化される事となり、一時閉められてしまいますが、
周辺では賑わいを見せそうですね。

どんどん名古屋が新しく生まれ変わっていくので、とても楽しみです。
名古屋が大好きな、月姫は楽しみにしています。
皆様も、名古屋に、いりゃーせ!待っとるでよー
 

スポンサーリンク

 
まだ、金シャチ横丁の写真がなくてごめんなさいね!