男性が、思わず本気に愛してしまう女性とは?結婚したい女性!

男性が本気で惚れてしまうタイプの女性は、大体お決まりなパターンがあります。
女性でも、求める男性理想像は同じようなタイプを言葉にしますよね?!
見た目がタイプでなくても、こんな女性に本気になってしまうのです。

男性が本気になるタイプ、第5位「支えてくれる女性」

 

男性は、「外で出ると7人の敵がいる」なんて言葉が昔ありました。
現在での敵とは、仕事ですね。
「騙されないように」、「足元も救われないように」、「上司に嫌われないように」
「稼げない体にならないように」など、いつも神経を尖らせています。
女性でも同じと思うかもしれませんが、男性は、女性より強くそんな思いにかられているのです。
その理由は、「結婚したら仕事を辞めてもいい」という女性とは違って、職を失う事は、「男として認められない姿」という認識があるからです。

支えてくれる女性とは、経済的という意味ではなく、精神面で支えてくれる人であり、
自分がすることを陰ながら応援し、信頼して行く道を支えてくれる人なのです。
賢い女性は、
「あなたが行く道に、私はついていくよ、もしもの時は、私がいるよ」
という言葉で、男性の心を虜にします。

男性が本気になるタイプ、第4位「安心できる女性」

男性が本気になるタイプの女性

 

男性にとって安心できる女性とは、居心地の良い女性という意味ではなく、安心して任せられる女性なのです。
仕事で帰りが遅くなったり、家に帰れないことがあったり、男性は仕事に振り回されています。
そんな時に、家をしっかり守ってくれる女性が安心できるタイプなのです。
結婚していないカップルにとって、家を守ることはないかもしれませんが、
彼女の性格面で、安心できる女性かどうかを吟味しているのは男性なのです。
特に日本人の場合、「仕事に行く男性の立場を理解しているか」がポイントになっています。
「私と仕事とどっちが大事?」なんて言われると、男性は面倒くさくなってしまいます。
賢い女性は、
「あなたは、家の事を気にせず、やりたいように頑張って来てね。私が家の事は守るから」といって、男性の収入が増えるように誘導しているのです。

男性が本気になるタイプ、第3位「お山の大将でいさせてくれる女性」

 

スポンサーリンク

男性は、自分が偉ぶっていたいと思っているわけではありません。
ただ、支配欲というものがあります。
「好きな彼女を支配した」という優越感にしたっていたいのです。
女性の方が、上位に立ってしまうと、男性の心は離れていく傾向が強く出ます。
これは、オスの本能かもしれません。
女性にとって、不愉快な言い方になってしまうかもしれませんが、
「俺より前に出るな」「俺より優位になるな」という気持ちを男性は持っています。
男性は、自分に支配されている態度を取っている女性に弱いのです。
賢い女性は、服従の姿勢を保ちながら、男性を上手に手玉に取ります。

男性が本気になるタイプ、第2位「金銭管理がしっかりしている女性」

 

どんなに頑張っても、今の稼ぎが、来月から数倍に増えるわけではないのが現状です。
金銭管理ができる女性とは、生活のやりくりが、しっかりできる女性です。
夫の稼ぎを、私の物扱いする女性には結婚まで考えられません。
このケースは、お付き合いしている時に彼女の何げない言葉で表れています。

「また、そんなもの買ったの?」
「「前も同じもの買ってたよね」
「くだらないものにお金使って、もったいない」
「将来のために貯金しなさい」
なんて言葉を聞くと、「俺の金だ、お前の金じゃない」と思いたくなる心理が男性にはあります。
賢い女性は、
「また買ったの? じゃぁ、その分また頑張ろうね」
「くだらない事ではないかもしれないよ、きっとあなたの身になるお金の使い方になると思うよ」
と言って励ます。

男性が本気になるタイプ、第1位「感謝してくれる女性」

 

男性は、これに一番弱いですね。
「あなたの存在が、私に幸せを与えてくれている」
「あなたのおかげで、わたしは生活ができる」
「あなたを選んでよかったと思う」
先にも書きましたが、男性の支配欲を擽る言葉が言える女性は、男性から深く愛されます。
男をその気にさせて、仕事ができる男にする妻の一言が、感謝の言葉なのです。
カップル時代でも、男性の心をその気にさせることができる感謝の言葉はいくつかあります。
感謝の言葉は、「ありがとう」だけではありません。
「あなた以上の人はいない」という言葉も、彼に対しての最大の感謝の言葉になります。

賢い女性は、
「あなたの優しさが、とても心に染み入る」といったニュアンスの言葉で男性の心を魅了します。

スポンサーリンク

 

男性は、俺が幸せにしてやっているんだと思う事で自信を持つ生き物なのです。

自信を持たせてくれる女性に弱いのです。