ハートチャクラを開くと、人生がどう変わるのか?その1

チャネラリングができるようになる為に、ハートチャクラが重要と言います。
ハートチャクラを開くためにはどうすれば良いのでしょうか?
そしてハートチャクラが開くと、人生がどのように変わるのか、ご紹介いたします。

ハートチャクラとは?人生が楽しくも苦しくもなるエネルギーセクター!

 

ハートチャクラは、第4チャクラと言い、サンスクリット名 アナハータです。
役どころとしては、愛、信頼、霊性、心臓などを支えるエネルギーの素となります。
ハートチャクラは、生まれた時、きれいに開きオープンになっています。
しかし、人間界での関わりの中、裏切られたり、悲しんだり、憎しみ合ったりしてハートチャクラは閉じていきます。
完全に閉じている人もいます。

ハートチャクラは、開いている良好な人ほど、運勢が良く、何をやっても開けていく人生を歩みます。
逆に閉じている人は、全てが停止した運勢であり、何かを始めようとしても流れに乗れない、変化のない苦しい人生になりやすいです。

ハートチャクラを開ける事は、今後の人生を素晴らしく変えるためにも大切なチャクラなのです。

ハートチャクラを開けるという事は?

 

チャクラとは、ほとんどの方が、開いていて、クルクル回っていると以前の記事で書きました。
今回は、「どれくらい開いているのか」が問題で、しっかりと開けましょう!という意味です。

一般的な開け方と、しっかり開けるという違いは?

 

ハートチャクラをしっかりと開けるということは、愛に目覚めることになります。
愛に目覚めるということは、他人を受け入れ、自分を受け入れ、思いやりや温かさ、愛情、許す心が芽生えてきます。
これらが目覚めるという事は、他人に対して心を閉ざしたり、自分を傷つけたりしない私になれるということに繋がります。

人はある程度、これくらいの事が出来ていますが、全開にハートチャクラを開ける事が出来ていません。
何故なら、トラウマであったり、心のブロックがあるからと言われています。
今日まで生きてきた中で、いろいろな出来事に見舞われ、他人への不信感、拒絶される不安から心を閉ざしている人たちが大勢います。
心のブロックは、過去世から持ち越されたものもあると言います。
それらを解放すれば、ハートチャクラは開きます。

チャネラーになれる人は、ハートチャクラが全開しているのか?

 

スポンサーリンク

 

正直な所、100%開いている人はいないといっても過言ではないといえます。
一般の人で、普通に開いている状態が、40%前後としましょう。
チャネリングができるようになるには、60~70%位開いていればできるようになります。

ハートチャクラを開けると、幸せな人生を送れるようになる理由は?

 

私たちは、愛を知り、愛ある人間となり、愛を他人に与える事ができるようになる為に生まれてきて人生勉強をしているというのがスピリチュアル世界の定説です。
ハートチャクラを開けると、誰にでもあなたの愛を与えることができるようになります。
時々いませんか?「この人のそばにいるだけで、優しい気持ちになれる」「この人からは、温かいオーラを感じる」というような人。
いるだけで、周りを幸せにするような存在の人は、ハートチャクラがかなり開いている人と言えます。
その人が、チャネリングをしている、もしくは、チャネリングやスピリチュアル世界を信じているかどうかは別となりますが。

人々に幸せや、優しさ、温かさを振りまくことのできる人には、必ず人が寄ってきます。
そして、お金も集まってくるから不思議ですね。
ねたむ人もいますが、そんなネガティブな感情は、彼らにとって大したではありません。愛があるからです。

 

スポンサーリンク

 

ハートチャクラを開けると、人間関係など人生が豊かなものになります。
何故なら、この人間社会は、人との交わりなしで生きて行けない世界だからです。
愛があると、人生が豊かになり、思い通りの人生となるといいます。
逆に、愛が無いと、寂しい人生となり、苦しい人生となります。
時にハイアーセルフが、愛を思い出させるために、わざと苦しい人生をおぜん立てすることがあります。
それは、愛のある人生を忘れている人に思い出させるためです。
得てして、お金が無い、稼げない、生活が苦しい状況は、ハイアーセルフがその人の為に作り出した環境で、愛のある、人との関わりを大切にすることを促していることがあります。

つづきはこちらへ