カップルになって半年までが今後の二人を左右する

好きな彼とお付き合いが始まり、半年くらい経つと、いろいろ見えてきます。彼の自分に対する本気度や、この半年間で彼の気持ちがどう変化したのか?などです。彼の態度で、心がどう変化したのか見極めましょう。最初の半年間は、今後の二人の関係を築く上で重要な半年間なのです。

デートの回数が激減した場合

付き合い始めたころは、毎日のように電話やメールがあり、デートも頻繁だったけど…。

そんな不安が出てくるのは半年目あたりです。彼の気持ちは冷めてしまったのだろうか?そう考えるのはちょっと早合点です。人は、安心すると行動が停滞することがあります。彼が冷めてしまったのか?安心しているだけなのか見極める方法はあるのでしょうか?

彼が安心して落ち着いているときの態度

あなたとのおつきあいに安心して、のんびりし始めたときには、デート回数も減ってくることがあります。しかし、冷めたわけではないので、しばらく無視していると彼の方から必ず連絡がきます。彼も、連絡がなければ心配になって会いたいと要求してきます。また、あなたから連絡して、もし返事がなくても、後日折り返し連絡などフォローがあるでしょう。デート回数が減っても、一緒にいる時間には、楽しそうなのんびりしたような表情がみられるはずです。彼自身の仕事の出来事や、友人の話など、自分から進んでお話も会話の中に出てきます。そんな時は彼は安心してあなたとお付き合いをしている状態と理解してまず大丈夫です。

半年間で彼の気持ちが覚めてしまった時の態度

好きでおつきあいした彼女に対して、気持ちが冷めてしうあうケースもあります。人間なので「こんなはずじゃなかった」「こんな女性とは思わなかった」「つきあってみたけど、しっくりこなくて気持ちが高ぶらない」ということだって当然あります。そんな時の彼はどんな態度になってくるのでしょうか?実は安定した彼と決定的な違いがあります。それは、「自分のことをあまり話さなくなる」「どこか上の空で、こちらの話を聞いていない様子」「一緒にいても楽しそうではない」「どこかへドライブしようといっても、乗り気ではなく”考えておく”などの曖昧な返事が増えた」「仕事が忙しいから…と時間を作ってくれなくなった」などがあげられます。

なぜ半年目で愛が深まったり冷めたりするの?

半年目だけが分かれ道ではありませんが、最初の分かれ道は半年前後で訪れます。この人で良かったのかどうかの審判が下される頃なのです。これは彼に限らず女性でも同じことが言えるでしょう。友人関係でも同じ傾向があります。お互いが、どのような付き合い方をしたのかということが一番の決め手となった判断です。良い関係を築いて来れば、愛が育っていきますが、自己中なことばかりを相手にぶつけていれば、愛情どころか信頼関係も築けていません。まして、彼を信頼していない疑心暗鬼な言動は彼に見抜かれてしまいます。自分に心を開いてくれない人に、心を開くこともありません。彼と関係を深めたいのであれば、この半年間で合格をもらわないといけませんね。

半年目の破局は復活が難しい

半年目は、一番大きな審判にもなります。嫌となったらやり直すことが不可能なものになりやすいです。長い間付きあって別れたケースと違い、最初の印象が悪いために冷めるケースだからです。半年目で別れるケースは、復活愛に対して難関となります。ある程度付き合ってきたのであれば、そこに愛が育っています。しかし、愛が育つ前に冷めてしまった場合は復活することも難しくなってしまうのです。

 

半年目に合格点をもらうために

何も無理をしなくてもいいです。自分らしく振舞っていることが大切なのです。好かれようとして我慢したりすることは、いつか爆発します。彼も、無理をしている彼女の態度が重くなってしまいます。それよりも普段通りのスタイルでいることが大切です。生き生きとした姿が一番魅力的で、相手の心を揺さぶります。

お互いに、程よい距離をとることが大切です。どちらにも負担にならない距離でお付き合いを始めることは、お互いの愛情を育てやすい環境になります。

彼に対してあなたの方から心を開くことが大切です。女性は、「愛してくれたら愛します」「あなたが心を開いてら、私の心を開きます」といった態度が多い生き物です。損得ではなく、無条件な思いで相手に心を開くことが、相手の心を捕える近道であると気づいてください。

今日はひな祭り、名古屋の郷土料理ご紹介

名古屋には、昔からひな祭りには「おこしもの」というお菓子を食べます。おこし餅や、押し餅とも言うそうですが「おこしもの」が正しいと言われています。地域での違いでしょうか?

最近では見なくなった郷土料理ですが、たまたま、友人から頂きましてご紹介。

というか、月姫の知らなかった「おこしもの」です。

米粉を熱湯でこねて作るお菓子なのです。形のある木箱に入れて固めています。その形が、「富士山」「お内裏様」「お雛様」「桃の花」が昔からある形で、最近では、星型、ハート型、車やドラえもんまであるそうです。型の木箱が昔はどこの家にもあったそうです。

これを焼いて、砂糖醤油に付けて食べる風習があるのです。由来を調べてみましたが、ちょっと見つかりませんでした。レシピは多数出てきたのですが・・・。

今日は月猫の事務所の人と食べることとしました。

 

 

桃の節句の女の子の日は、永遠に祝うものだそうです。

ハッピーひな祭り!

ホワイトデー、何もしてくれない彼の心は?

ホワイトデーが近くなってきました。彼からのお返しを心待ちにしている方もいることでしょう。しかし、ちょっとしたことでケンカになってしまないように気配りを今からしておきましょう。

男性は、ホワイトデーを大切な記念と思っていない

バレンタインデーは、女性にとって大切な記念日かもしれませんか、男性はというと、あまり大切な記念日という認識が薄いのが現状です。ホワイトデーにデートができなくて、愛が無いと勘違いしてしまう女性が多く、ケンカになりやすいことがあります。彼への不信感を募らせてしまっては、本当の彼の心が見えない状況を作ってしまいます。

当日のデートを渋る彼、ドタキャンする彼

2017/3/14は、平日の火曜日。デートを渋る彼がいるでしょう。仕事の関係上、思うように時間が取れないこともあります。大切な日なのに仕事を優先する彼に対して怒り出したり、不快な態度を取ってしまうと、後で彼女としての好感度に大ダメージを与えてしまいます。男性は、仕事優先の方が多いので、そこを理解できる女性であってほしいもの。まずは、快く理解を示し、彼にフォローをしてくれる気があるのか様子見をすることが賢明です。

何もしてくれない彼に対してどう接するか?

先ほども書きましたが、男性にとって、ホワイトデーはあまり意味がない記念日という思いが大半です。それでも、彼女のために、バレンタインデーのお返しにという気持ちを持っている人は良いですが、「興味なし」の方もいます。そんな時に、彼の愛を疑い、拗ねてしまったら、彼はどう思うのでしょうか?きっと「拗ねる理由がわからない」というのが男性の意見です。「愛は通じている」「確かめ合う必要はない」「めんどくさい」それが男性の意見であると考えれば、彼の気持ちを疑う必要はないと思いませんか?バレンタインや、ホワイトデー、クリスマスなどの記念日を大切にしない男性もいるということを理解しましょう。彼の愛を測るところは、記念日ではありません。日頃の態度でわかるものです。

義理チョコのお返しをしているのに私には何もない

バレンタインデーで、義理チョコのお返しを配っているのに、自分には何もくれない彼の気持ちはどこにあるのか?そう考えてしまいそうな状況です。しかし、お返しは彼の人生の中で大切な社交辞令の一つ、礼儀の一つです。「彼女ならわかっているだろう」そう考える男性は多いはず。

ホワイトデーに何もする気がない彼にイライラしたら

全く無視されていると寂しい女性の気持ち。どうすれば彼をその気にさせられるのか?それは、彼に対して、あなたからスケジュールを立ててみることです。男性は「面倒」という方が多いのです。スケジュールをあなたが経てて、彼を誘導してみましょう。何をしてほしいのですか?その日にデートがしたいのか?高価なプレゼントが欲しいのか?愛を確かめたいだけなのか?それによって、スケジュールは大きく変わってきますよね。彼にできそうなことを予定することです。3/14日以外の日でも良いのではないでしょうか?

ホワイトデーのまとめ

記念日で、彼の愛を測ることは不可能です。お返しをくれるくれないで、彼の愛情を吟味してしまうと後で後悔することになり兼ねません。「私を好きだったら、ホワイトデーに何かサプライズが」なんて期待していると、後でショックのあまり泣きたくなってしまいます。ドラマのようには現実は行かないと思っておいた方が無難です。それでも彼はあなたを愛しているのですから。