夫の愛を感じられない!?まずチェックポイントを見極めよう!

結婚して数年たつと、夫が恋人時代とは違う態度になってくる。

これはどの夫婦でも、感じる事ですね。結婚後、夫は妻に対して愛情があるのか?

チェックポイントも含めてお読みください。

結婚後は、お互いに変わっていく事を認識するべき

結婚前後では、お互いの立場に違いがあります。

彼女から妻へ、そして母親へ。

彼氏から夫へ、そして父親へ。

 

人は立場が変わると、考え方や行動が変わってきます。

仕事でも、平社員から責任ある立場に昇格すれば、自然に心構えも変わってきます。

夫婦とて同じことが言えます。

他人から家族になるという過程のなかで、愛情の形も変化!

 

愛情とは、どのような物でしょうか?

「相手を思いやる心」「相手に感謝する心」「相手の個性を認めて優しく包み込むこと」ではないでしょうか?

そう考えると、皆様の云う「夫に自分への愛情が感じられない」という意見は、

恋愛感情を指していることも見えてきます。

 

彼氏の時と、夫の時では愛情の形も変化しています。

そのことを、お忘れなく頂きたいと感じます。

 

でもやっぱり、「夫は私をないがしろにしている」と思う方へ

夫の愛を感じない

 

妻を大切に思う心は当然あります。

しかし、妻に甘えてしまう男性心理も見逃せませんね。

男性には、「わかってくれている」「俺の事を理解してくれている」「男は仕事第一だから、妻はそれを支える側の立場」など勝手な思い込みで、妻を傷つけていることも現実にあるようです。

これは、愛情がないのではなく、しっかりした妻なら大丈夫と考え、甘えている、任せている事であり、ないがしろにされている事とはちょっと違いがありそうです。

では、夫としての妻の愛情とはどんな形なのでしょうか?

夫婦で向き合っていますか?

愛情の形を言葉に表すことは、とても難しい事です。

しかしこんなところをチェックしてみましょう。

 夫の愛があるか、6個のチェックポイント 

 

1、生活費を入れてくれている

生活費をきちんと入れてくれることは、家族を大切に思っている愛情です。

 

2、子供の事に、こまめな愛情を見せる

子供に対して、出来るだけ言葉をかけたり、優しさを表現していることは夫の家族愛の象徴です。

 

3、妻に対して寛容である

これは、女性から見ると「どうでも良い」と言われているように感じるようですが、男性は、妻の意見を尊重しようと考えています。どうでも良い事を相談した妻がいるかもしれませんが、妻の意見を受け入れるようにして家族の絆を守る気持ち、すなわち愛情の一つでもあります。

 

4、妻が困っている時に、手助けやヒントをくれる

夫なら当たり前の事と思わずに、その気持ちを大切に考えれば、愛情がある証ではないでしょうか?男性は、自己判断で「それくらいなら妻一人で出来る」と判断すると、なかなか手を貸してくれたり、相談に乗ってくれない所がありますが、家族の一大事となれば、耳を貸してくれます。

 

5、家族の未来設計を考えている

自分たち家族の未来を、しっかりと考えている時は、夫としての愛情がある時です。みんなを幸せにする思いから、未来予想図を考えています。

 

6、妻に相談することがある

夫が妻に対して相談するという事は、妻への信頼と愛情がある証です。家を買うという大きなことから、今度の休みにどうするかというような内容まで相談して決めようとすることは家族を思う心から発しています。

家族を大切にしてくれている事と愛情は別物と思う方へ

 

愛情は別物という意見は、家族愛では満足できないという意味に解釈します。自分を女性として見てくれているのか?

こういった形の不満も、妻には当然ありますよね。

夫は、妻を女性として見ているのか?という問題は、年齢に関係なく女性に付きまとうものです。

いつまでも女性として愛されたい心理が、夫の言動から感じられなくなるからです。

「女ですから」夫には、良き妻、良き母、良き女として扱われたいですよね。

では、夫が妻を女性として愛してくれているのか?

答えは、「イエス」です。

家族を大切にする愛情と、妻を女性として見ている愛情は、紙一重です。

素敵な妻だから、女性として愛せるということなのです。分けて考えてしまうのは、女性に無理な考え方があるのです。

スポンサーリンク

 

この問題は、妻側にも女性として愛される努力が必要な部分でもありますよね。「恋人時代とは別人になってしまった妻の姿」では、男性の男心をくすぐる事は出来なくなってしまします。

姿とは、見た目だけではなく、夫に対する言動も当てはまります。

刺々しくなった女性に、恋をする男性は、いないとは言いませんが少ないですよね。

夫からいつまでも愛される女性でいるために

いつまでも愛のある夫婦に

お互いの努力が必要です。

しかし、そのまえに、妻から態度を変えていく事で、夫の愛情を感じる、もしくは、再度目覚めさせる事もできます。

先にも書きましたが、愛情とは、

「相手の個性を認める」「相手を思いやる」「相手に優しさを与える」事です。

恋心とは違います。

スポンサーリンク

 

夫の愛情がないと考える前に、夫の愛情表現が、どんなものなのかを吟味してみましょう。