願えば叶う!でも、叶わない時があるのは何故?

自己啓発にある「願えば叶う」という言葉。
しかし、どんなに願っても叶わないこともあります。
なぜ、願いが叶わないのか?
勘違いをされている部分を、徹底検証します。

願いが、必ず手に入る理由!

気づいていますか?望んだものは、いつの間にか手に入っていること。
思い出してください。
欲しかったカバンが突然手に入ったり、やりたい仕事に就くことができたり、
恋人がほしいと思っていたら現れたり、ビジネスで成功したいと思っていたらビジネスチャンスに恵まれ成功したり…。
過去の自分に、小さい物から大きなものまで、願った物が手に入りませんでしたか?

願った物が手に入る理由として、
「人は、そのために頑張る姿がある」からです。
あきらめずに、「必ず成功する」「手に入る」「人が何と言おうと、自分は正しい」と信じて進む心があるからです。
逆に言えば、己を信じて努力すれば、必ず手に入るという事ですね。
その願いは、あなたに必要なアイテムであり、さらに成長するために用意してくれるものなのです。
そして、手に入れたもので、仕事に専念して社会的貢献となり、成長を遂げるからなのです。

諦めていたら、不思議な形で手に入る事もある

例えば、○○大学に合格する願いがあったとして、必死に勉強すれば合格するのは、誰でも理解できますよね。
これも、願いが叶う自己啓発と言えます。
しかし、努力しなくても手に入る不思議なこともあるのです。

欲しいと願った「仕事」
自分は、将来デザイナーの仕事をしたいと願った時、どんなに頑張っても、その就職先に内定がもらえず、あきらめて普通のOLになったとします。
その後、その夢をあきらめられずにいると、デザイナーの仕事に就くという夢が、突然向こうからやってくる…。
という事もあるのです。

欲しいと思ったダイヤの指輪
高くて買えないのであきらめていたら、
プレゼント、もしくは当選と言う形で手に入った。
または、購入するための現金が手に入る。

など、願うと向こうからやってくることがあります。

これを、スピリチュアル的に「神様のご褒美」と言います。
ご褒美は、心の中で捨てきれない願いを実現してくれます。
もちろんご褒美というからには、前向きに生きてきた人へのご褒美なのです。

どんなに強く願っても、手に入らないのは何故?

一言で言えば、「次元」の違いです。
私たち地球人は、3次元で生活しているという事はご存知ですよね。
3次元で願いを声に出しても手に入らないのです。
願いをかなえるためには、4次元以上の空間で願わなければ叶いません。

 4次元以上の世界とは? 

私たちは、潜在意識と顕在意識があります。
そのことは、お分かりと思うので細かい説明はしません。

顕在意識・ 3次元の世界にある意識で、常に把握している意識です。

潜在意識 ・4次元以上の世界にある意識で、無意識とも言われています。 通常意識していない世界。

潜在意識へのアクセスが、願いをかなえるための扉となります。

スポンサーリンク

 

私たちは、常に潜在意識へのアクセスをしている

心を集中させている時、眠っている時には、この潜在意識にアクセスをしています。
難しい事ではなく、スピリチュアルや瞑想に長けていなくても全然関係ありません。
ただ、心の奥底から、願うこと、それだけなのです。

ハッキリ言えば、顕在意識だけで願いを唱えても、潜在意識が一緒になって願わなければ手に入りにくいのです。
これが、次元の違いなのです。

強く願っても、手に入らない理由として、
心の奥では、願っていないという事になります。
潜在意識は、あなたが気づいていないかもしれないけど、「忘れなさい」「不要です」「今、その時ではない」と考えていたら、それは手に入る事がありません。
一言付け加えておきますが、その潜在意識の感情もあなたの本心なのです。
心で、欲しいと願っても、心の奥ではいらないと思っていると手には入りません。

潜在意識が、いらないと思っていることを「欲しい」に変換する

潜在意識の感情を、変換することができます。
これが、世間でよく聞く「アファメーション」です。
声を出して言うと、潜在意識(4次元以上)まで届くと言われています。
理由は、声を出していると、心の中で、そのイメージが湧くからです。
毎日、アファメーションすることで願いが叶う潜在意識に変換されます。
時間的には、就寝前、朝起きた時、布団の中で唱えてみましょう。
少しでも、心に悩み事があると、そのアファメーションは、効果がなくなります。
そんな時は、やめておく方が無難です。
4次元へ悩み事の結末が、願い事として送信されても仕方がないので・・・。

どうやっても、願い事が手に入らない!そんな事柄もある

先にも書きましたが、潜在意識が「いま 、その時ではない」と思っている時は、手に入らなかったとしても、そのうちに手に入るようになります。
このように、「今すぐ欲しい」と思っても、なかなか手に入らないものがあります。
時間を書ければ、手に入ります。
しかし、どうあがいても手に入らないものがある事をご承知して頂きたいです。

手に入らないものとは?

自己啓発でも、手に入らない願い事についてお話します。

1、漠然とした願い、夢物語的なこと

本当に心で望んでいないものは、手に入りません。
「パイロットになりたいな」「鳥になって空を飛びたいな」といった空想的なことです。

2、人間の心

時として、手に入ったように思うかもしれませんが、それは、相手があなたと同じ方向を向いているだけの瞬間で、相手との関係が終了する時は、「イヤだ」と願っても難しい事があります。
これは、人生のプログラミングに関係していると、さらに思い通りにはいかないことが多いです。

3、願う心が、自己中心的なもの

「宝くじに当たりたい」「もっと稼ぎたい」「自分に都合の良い異性が欲しい」「社長になって悠々自適な生活と、自由を手に入れたい」などです。
楽したいからという願いは、叶えてもらえません。
一時的にご褒美という形で貰えるかもしれませんが、長続きしません。
 
 

スポンサーリンク

 

自分に嘘はつけない

 

お金を稼ぎたい、宝くじに当たりたいと願うのは、叶わないとは言いません。
しかし、その心が、自己中心的な考えであると潜在意識は動いてくれません。
「なぜ、手に入れたいのか?」「手に入れたお金で、どんな社会的貢献をするのか?」などを、明確に設定しなければなりません。

願いが叶う力は、その力で、さらにあなたが飛躍して社会的な貢献をすることだけ発動します。
その考えが薄っぺらな物、嘘でなければ、潜在意識はGOサインを出します。
そのことをお忘れなく頂きたいです。